【ノコギリ】SRAM(Zipp)がPrinceton Carbon Worksを特許侵害で訴える

SRAMが保有するプロ御用達のトップカーボンホイールブランドといえばZipp。そしてそのZippが世界に衝撃を与えた製品といえば、454 NSWカーボンホイール。

次の公式インスタを見て欲しい。

そう、このノコギリのような、波のようなギザギザのリムデザインがその特徴だ。

一方で、同業他社でINEOS Grenadiersも使用するホイールブランドPrinceton Carbon Worksも、同じような見た目のホイールを出している。次のインスタを見て欲しい。

実によく似ている。そして案の定、特許侵害で法律紛争になったもよう。やったぜ。

情報源:SRAM sues Princeton Carbon Works for patent infringement on aero wheels

Zippを所有するSRAMが、Princeton Carbon Worksを金曜日に特許侵害で訴えたもよう。

Zippが454 NSWを発表したのが2016年。一方で、Princeton Carbon Worksが高級カーボンホイール市場に参入したのが2018年。

Princeton社は、「パっと見は、Zippと似てるかもしれへんけど、実際は全然別物やで」と主張し、特許侵害を否定する。

さて今後どういう展開になるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください