ついにVittoriaからパンク時の秘密兵器のロードバイク用Air-Linerが市販スタート

タイヤブランドとして定番のVittoria(ヴィトリア)のユニークな製品といえば、タイヤの中にチューブの代わりとして入れるライナー「Air-Liner」だ。

特にMTBやグラベルバイクでチューブレスタイヤを使う場合に、仮にシーラント剤でパンク穴を塞ぎきれなかったとしても、Air-Linerをタイヤに入れておけば走り続けることが可能となる。

そんな同製品についに待望のロードバイク用が登場した。下の公式インスタグラムを見て欲しい。

製品PVはこちら。

もちろん、チューブレスタイヤでシーラント剤を注入するが、それと同時にこの製品を使っても問題ない。

軽量な素材で出来ているこのAir-Linerは、シーラント剤を吸収しない。そのためシーラント剤が通常どおりに働いてくれる。

そしてシーラント剤で塞ぐことができないようなパンクでもあっても、このAir-Linerを入れておけば、100kmほど走り続けることが可能だ。

実は以前も書いたように、このアイテムはすでにプロトンでは「秘密兵器」として使われている。

たとえば2019年のヘント(Gent-Wevelgem)ではアレクサンダー・クリストフがこれをチューブレスとともに使用し、実際に優勝している。

展開されるサイズは、25mm、28mm、30mmの3種。重さはそれぞれ順番に24g、31g、39gとなっている。

日本市場向けの価格は不明だが、日本市場ではMTB・グラベル用のものが1万1000~2000円ぐらいなので、それに近い価格となるだろう。ちなみに英国市場向けでは£64.99(約9900円)だ。

Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください