2021ロマンディ第1ステージの結果と感想

ツール・ド・ロマンディは初日がプロローグ。そして昨夜が正式な第1ステージ。スプリンターのためのステージという設定だが、実は走行距離168m㎞で1日の獲得標高が2200mという、なかなかスプリンターにとってはタフな設定だった。

そういうコースだったため総合争いにとってどうこうはなく、有力勢は無事に走り終えたが、ピーター・サガンにとっては重要な一日となった。

レースは集団のまま残り20㎞を切る。そこからDeceuninck-QuickStepがレースを動かそうと行動を開始する。

残り11㎞あたりでは、レミ・カヴァニャとマティア・カッタネオが二人でアタック。どちらかを囮にして片方が独走へ持ち込む作戦か。ただ、この動きに素早く反応した選手が2名。BikeExchangeのダミアン・ハウソンとFDJのセバスチャン・ライヘンバッハだ。ただこの2名は積極的に逃げ切ろうした感じではなく、ただDeceuninck-QuickStepをマークしただけという感じ。

やがてDeceuninck-QuickStepの動きも集団に呑み込まれてしまう。そしてゴール前スプリントへ。ゴール前の動画をどうぞ。

サガン復活の勝利キタ――(゚∀゚)――!!

サガンが、ロマンディに出場したのは11年前。プロデビューの年だ。その大会で1勝を挙げている。

そんな懐かしい大会で幸先よく勝利。絶好調という感じではないかもしれないが、コロナ感染からの回復は順調なのではないか。今年もジロ・デ・イタリアに出場するためそのトレーニングとしてロマンディを走っているわけだが、今回の勝利はジロでの活躍を期待させるものと言えるか。本人も気分よくジロを走れるだろう。

この日のトップ10は次の通り。

順位選手(チーム名)
1Peter Sagan(Bora-Hansgrohe)
2Sonny Colbrelli(Bahrain Victorious)
3Patrick Bevin(Israel Start-up Nation)
4Andrea Pasqualon(Intermarché-Wanty-Gobert Matériaux)
5Alessandro Covi(UAE Team Emirates)
6Magnus Cort(EF Education-Nippo)
7Dion Smith(Team BikeExchange)
8Clement Venturini(AG2R Citroën Team)
9Mattia Cattaneo(Deceuninck-QuickStep)
10Jacopo Mosca(Trek-Segafredo)

2 thoughts on “2021ロマンディ第1ステージの結果と感想

  1. サガンの得意な無賃乗車からのスプリントでの勝利ですね!これはかなり調子いいんじゃないんですか。
    プロローグのTTで珍しく頑張ってたのはトレーニングの一環だったんですかね。
    ジロが楽しみです!

    1. 勝負勘の復活と同時に、そんな調子の良さを感じさせるブヒね。

      さぁジロで何勝いけるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください