EFのミッチェル・ドッカーが引退へ。10月のパリ~ルーベでラストラン。

チームEFに所属しているミッチェル・ドッカー(Mitchell Docker)が、今年限りでの引退を表明した。本人にインスタグラムを見てほしい。

このインスタで書かれているように、具体的には10月のパリ~ルーベ(今年も延期となった)がラストレースとなるもよう。

ミッチェル・ドッカーは、オーストラリアのメルボルン出身で現在34歳。これまでエリートレベルのプロチームとしては、スキル・シマノ、オリカ・グリーンエッジと経由して今のEF Education–Nippo(EF Education First Pro Cycling)という経歴。

クラシック要員かつ平地でのリードアウトマンとしてキャリアを重ねてきた。

今のロードレース界だと、34歳で引退と聞くと「ちょっと早いな」と思ってしまう。30代後半でも普通に走り続ける選手が増えているから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください