【ダウンチューブ崩壊の画像あり】トム・ピドコックがトレーニング中に落車で鎖骨骨折

英国が誇る天才ライダー、トム・ピドコック(Tom Pidcock)がトレーニング中に鎖骨を骨折した。チームからの発表をどうぞ。

ピドコックはツール・ド・スイス出場を前にピレネー山脈でトレーニングをしていた。そしてTTバイクに乗っていたときに落車。鎖骨をやってしまったようだ。

このとき乗っていたTTバイクの落車直後の画像を見てもらおう。

(‘A`)「おぉう・・・」

ご覧のようにはげしくTTバイクのフレームがぶっ壊れている。ダウンチューブが真っぷたつ。ホイールも崩壊。一体何がどうなってこのような惨事になったのかは不明。

気になるピドコックの状態だが、チームの発表では「鎖骨骨折以外はOK」とのこと。ただ、ツール・ド・スイスへの出場はこれで無理となった。

ピドコックは東京五輪にMTBで出場する予定で、だからこそ少し前まではロードレースを中断し、いったんMTBのワールドカップシリーズに参戦していた。今回の骨折がMTBに響かなければ良いのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください