チームクベカの未来に暗雲か?新スポンサーNextHashに関連するスロベニアメディアの報道とは?

ツール・ド・フランス直前に記事「クベカ・アソスに新スポンサー!チーム名もTeam Qhubeka NextHashへ!」でお伝えしたように、それまでクベカ・アソスとして活動してた同チームに、新しいメインスポンサー(タイトルスポンサー)が登場。結果、チーム名が「Qhubeka NextHash」へと変わった。

その新スポンサーが、仮想通貨による投資企業NextHash(ネクストハッシュ)社だ。あのプリモシュ・ログリッチやタデイ・ポガチャルの国スロベニアの起業家Ana Bencicという女性が作った企業だ。

Ana Bencicの経歴などはLinkedInに掲載されているので見て欲しい。

今回のスポンサー契約は5年という長期に渡るもの。だがしかし、母国スロベニアのメディアによるとあまりいい噂がないようだ。

情報源:Qhubeka NextHash and questions over financial stability

この起業家は、NextHashを立ち上げる前は人材業界で働いていて、その後NextinterというNextHashの親会社を立ち上げた。だが彼女は、英国の技能開発会社SkillsMatterの倒産に関係したとして母国スロベニアメディアで批判されているようだ。

というのも、SkillsMatterの財務が厳しくなったときにNextHashと彼女が300万ユーロ(約4億円)の支援をすると言ってたのに、その約束を履行せず、その結果SkillsMatterが倒産した。そのように伝えられている。

しかも彼女が出資者としてスロベニア国内に登録されている11社のうちなんと10社がすでにその銀行口座が封鎖・閉鎖されているらしい。

ただでさえ仮想通貨関係の企業は怪しいと思われているのに、このようなスロベニアメディアの報道が本当ならば、NextHash社についてよくない評価がなされても仕方ないか。

果たしてチームクベカ・ネクストハッシュ(Qhubeka NextHash)の未来は明るいのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください