ツール・ド・フランス

来年からツールのマイヨジョーヌはサンティーニ製へ。公式ジャージスポンサーがルコックから変更

これまでツール・ド・フランスでマイヨジョーヌなどのジャージを作ってきたのは、フランスのスポーツブランドのルコックだったが、なんと来年からはサンティーニ(Santini)が大会公式ジャージスポンサーとなる。ツール公式ツイッターを見て欲しい。

サンティーニは通常のツール・ド・フランスだけでなく、女性版の Tour de France Femmes avec Zwift、そしてアマチュア版のL’Étape du Tourにもジャージを供給する。

契約期間は来年からいつまでなのか不明。

ASO系の大会とサンティーニといえば、ブエルタ・エスパーニャもサンティーニが公式ジャージを供給しているのが思い出される。今回そんな両者の関係に新たに最も重要なレースが加わったことになる。なおジロ・デ・イタリアはカステリがマリアローザなどを供給している。

またサンティーニは、UCIの世界選手権でもアルカンシェルを供給し、ワールドツアーチームではトレック・セガフレードにもウェアを供給している。

(‘A`)ルコックどうするんや・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください