プロ選手が契約を途中解除してガチ陶芸家へ転身

現在ProTeamのB&B Hotels p/b KTMで走っているイタリア人選手で26歳のニコラ・バジョーリ(Nicola Bagioli)が、なんとガチの陶芸ビジネスに専念するため、チームとの契約を解除した。

情報源:Pro rider rips up 2022 contract to become full-time potter

ロードレースファンならば、「バジョーリ」という名前は耳慣れているだろう。その予想どおり、このニコラ・バジョーリは、Deceuninck-QuickStepで走るアンドレア・バジョーリ(22歳)の兄貴だ。

兄であるニコラ・バジョーリは2022年に向けた契約が残っていたのだが、チーム側との合意でそれを解除。プロの陶芸家として陶芸ビジネスに専念することになった。

実は、ニコラス・バジョーリは変成岩の一種であるタルク片岩をつかった陶芸業を以前からやっている。その陶芸ブランドがLavéc. La pietra ollare。同ブランドのインスタを見てほしい。

ごらんの通りガチのガチの陶芸家だ。

普通の(?)陶芸とはちょっと異なり、岩っぽい感じの古いヨーロッパ的な陶器をメインに作っている。ギリシャっぽい?地中海っぽい?

どうやらもともと陶芸はニコラ・バジョーリの家は5世代に渡る陶芸ファミリーのようだ。そんなニコラが父親から陶芸を学び、2019年に本格的に陶芸ビジネスを再開すべく立ち上げたブランドがLavéc. La pietra ollare。

彼は、「今回の契約の途中解除に応じてくれたチームにも感謝。今後の人生がどうなるかわからないけど、夢を追い続けたい」という趣旨のコメントを発している。

いやー人生どうなるかわからないもんやね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください