2021年度UCIプロチームランキング。クベカ・ネクストハッシュがピーター・サガンの来年に影響か

今年のロードレースシーズンが終わった。そこで10月27日に更新された最新のUCIプロチームランキングを見てみよう。

ひょっとしたら今後少しポイント数や順位の変動があるかもしれないが、大きな変化はないだろう。

上位40チームだけをまとめておく。

2021年度UCIプロチームランキングTOP40

順位チーム名国籍ポイント数
1DECEUNINCK – QUICK-STEPベルギー15641.21
2INEOS GRENADIERSイギリス14998.66
3JUMBO-VISMAオランダ12914.67
4UAE TEAM EMIRATESUAE12355.66
5BAHRAIN VICTORIOUSバーレーン10429
6ALPECIN-FENIXベルギー8251
7BORA – HANSGROHEドイツ8222
8AG2R CITROEN TEAMフランス7151
9GROUPAMA – FDJフランス6715
10ISRAEL START-UP NATIONイスラエル6704.66
11MOVISTAR TEAMスペイン6656
12TREK – SEGAFREDOアメリカ6593.66
13ASTANA – PREMIER TECHカザフスタン6469
14INTERMARCHÉ – WANTY – GOBERT MATÉRIAUXベルギー5571
15COFIDISフランス5481
16EF EDUCATION – NIPPOアメリカ5362.33
17TEAM ARKEA – SAMSICフランス5000
18LOTTO SOUDALベルギー4704
19TEAM BIKEEXCHANGEオーストラリア4686.33
20TEAM QHUBEKA NEXTHASH南アフリカ4368.66
21TEAM DSMドイツ3887
22TOTALENERGIESフランス3192
23UNO – X PRO CYCLING TEAMノルウェー2848.17
24B&B HOTELS P/B KTMフランス2726
25BINGOAL PAUWELS SAUCES WBベルギー2037
26SPORT VLAANDEREN – BALOISEベルギ1898
27ANDRONI GIOCATTOLI – SIDERMECイタリア1688
28DELKOフランス1654
29BARDIANI CSF FAIZANE’イタリア1608
30GAZPROM-RUSVELOロシア1461
31CAJA RURAL-SEGUROS RGAスペイン1408
32HRE MAZOWSZE SERCE POLSKIポーランド1265
33ELKOV – KASPERチェコ1128
34GROUPAMA – FDJ(育成チームのほう)フランス1054.84
35TEAM COLPACK BALLANイタリア1054
36EOLO-KOMETA CYCLING TEAMイタリア1042.67
37EUSKALTEL – EUSKADIスペイン1028
38EQUIPO KERN PHARMAスペイン988.33
39JUMBO-VISMA DEVELOPMENT TEAMオランダ963.34
40RALLY CYCLINGアメリカ929

Qhubeka NextHashの動向と来年のピーター・サガンたち

以上のような順位となった。ランキング1位かつワールドツアーチーム1位はDeceuninck-QuickStep。逆にワールドツアーチームとして最下位はランキング21位のチームDSM。

一方でワールドツアーよりも1つ下のカテゴリーとなるProTeamの中だけを見ると、当然に今年もマチュー・ファン・デル・プールを擁するAlepcin-Fenixが1位で、ランキング全体では6位。そしてProTeamとして2位はナイロ・キンタナ擁するArkéa-Samsicで、ランキング全体では17位。

Alepcin-Fenixは今年もProTeam内で1位となったことにより、来年度の全グランツールとワールドツアーに自動的に招待される権利を得る。もちろん招待されたからといって出場する義務はない。出たいレースだけに出ることが可能という実に美味しい立場を得られる。

次にProTeam内2位のArkéa-Samsicだが、こちらはワールドツアーでもワンデイレースだけに自動的に招待される権利を得られる。つまりグランツールへの出場は保障されていない。

だがしかし、来年のグランツールについては今年と少し事情が異なるかもしれない。

なぜならば、現在ワールドツアーチームのQhubeka NextHashがチーム消滅、またはワールドツアー降格となれば、ワールドツアーチームが1つ減るからだ。その場合にArkéa-Samsicが来年度のワールドツアーに自動的に招待される権利を得る可能性があるらしい。(情報源:Alpecin-Fenix repeats as best ProTeam to earn 2022 WorldTour race invites

また実際にそうなれば、今度はProTeam内で3位だったTotalEnegiesが、本来のArkéa-Samsicのポジションに繰り上がることになる。そうなれば、TotalEnegiesが来年度のワールドツアーの全ワンデイレースに自動的に招待される権利を有するようになるかもしれない。

そしてTotalEnegiesには、来年からピーター・サガンとその仲間たちが加わる。仮に上述のようなことになれば、TotalEnegiesはロンド・ファン・フランデレンやパリ~ルーベにも自動的に招待されることになり、サガンたちにとっては願ってもない展開となる。

全てはQhubeka NextHash次第(?)という感じだが、はたしてどうなるか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください