Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

ファウスト・マスナダがDeceuninck-QuickStepとの契約を3年延長

ファウスト・マスナダがDeceuninck-QuickStepとの契約を3年延長

Share your love

Deceuninck-QuickStepのファウスト・マスナダ(Fausto Masnada)が、チームとの契約を延長。3年契約というやや長めの延長となる。

ネットでの通称「増田」(?)ことマスナダは、昨年に今は亡きチームCCCから8月中旬というシーズン途中に移籍。ちなみにCCC以前はイタリアのプロコンチネンタルチームだったAndroni Giocattoli-Sidermecで走っていて、当時のジロ・デ・イタリアではいつも逃げに乗ってレース途中までTVで映っているイメージが強かった。2019年ジロ・デ・イタリア第6ステージでは悲願の初ステージ優勝を挙げている。

Deceuninck-QuickStepに移籍後は昨年のジロで総合9位というすばらしい順位で完走。そしてなんといっても今年のモニュメントのイル・ロンバルディアの2位が鮮明に記憶に残っている。タデイ・ポガチャルとの一騎打ちとなったあの日だ。

関連記事:地元勢ハッスル!2021ロンバルディアの結果と感想

3年という少し長めの延長には、そんな彼に対するDeceuninck-QuickStepの期待がこめられているのだろう。来年からは彼自身がエースとなるレースも増えるかもしれない。また、レムコ・エヴェネプールやジュリアン・アラフィリップのアシストとして今年以上に活躍するチャンスが増えそうな気がする。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!