Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードバイクとロードレース

ヤコブ・マレツコがアルペシン・フェニックスへ

イタリア人スプリンターのヤコブ・マレツコが、アルペシン・フェニックスへ移籍

Share your love

イタリアンスプリンターのヤコブ・マレツコ(Jakub Mareczko)が、ProTeam最強チームのアルペシン・フェニックス(Alpecin-Fenix)へ移籍することが発表された。同チームのツイッターをどうぞ。

ヤコブ・マレツコといえば、コロナの影響で2020年に消滅したかつてのワールドツアーチームのCCC(CCC Team)に所属していたスプリンター。現在27歳のイタリア人。

今年はProTeamのVini Zabùで走っていたが、来年からはProTeamカテゴリーの最強チーム(ぶっちゃけほとんどのワールドツアーチームよりも強い)であるアルペシン・フェニックスで走ることになる。二年契約だ。

アルペシン・フェニックスといえば、スプリントとワンデイレースに特化したチームであり、マチュー・ファン・デル・プールに加え、ティム・メルリール、ヤスパー・フィリプセンといったスプリンターの2枚看板を擁するわけだが、そこにさらにマレツコが加わることで、さらにスプリンター層が分厚くなる。

これら4名がどういった役割分担を果たして、どのような化学反応を起こすのか楽しみだ。マレツコ以外は今年と同じようなレーススケジュールとなるのかもしれないが、マレツコの加入でスプリンターのチーム内競争が激しくなり、彼の活躍次第では、今年のツールに出場していたメルリールとフィリプセンのどちらかはその選考から漏れるかもしれない。

そうしたチーム内競争の活発化という要素も考慮してのマレツコ獲得なのかもしれない。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!