アルケア・サムシックが2022年チームジャージを公開

ナイロ・キンタナやナセル・ブアニにいるフランスのProTeam アルケア・サムシック(Arkéa-Samsic)が、今年の新チームジャージを発表した。次のツイッターをどうぞ。

ウェアサプライヤーはこれまで通りEkoïだ。

みんな「ん?」と思ったかもしれないが、昨年と同じように見える。ちなみに昨年のがこちら。

ただ肩の部分の縫い目というか、構造が変わったか。これまではラグランスリーブのような構造だったようなものだったが、今年のは普通(?)の構造。そして縫い目を黒くしてアクセントにしている。

なぜ肩から袖のラインをそのような構造にしたのかは不明だが、そっちのほうが空力が良いのか、着心地がいいのか?

なお、アルケア・サムシックは昨年末にワールドツアーチームのクベカ・ネクストハッシュが消滅したことで、昨年までと異なり、自動的に今年は全てのワールドツアーレースに出場する権利を得ている。昨年までは全てのワールドツアーのワンデイレースだけが招待される対象だった。

関連記事:なぜクベカ・ネクストハッシュの消滅でアルケア・サムシックが得をするのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください