クリス・フルームが膝を故障。原因はトレーニングのやりすぎ

今年復活をかけるかつてのツール・ド・フランス絶対王者クリス・フルーム。そんな彼を年始早々に膝の故障が襲った。

情報源:Froome’s training for 2022 halted by knee injury

この動画の後半で本人が膝を痛めたことを告白している。

といっても、大きな故障というわけではなさそうで、とりあえずしばらくトレーニングを休んで様子見という感じ。現時点で手術の予定とかはなさそうだ。

膝を痛めた原因は、最近のトレーニングがハードすぎたかららしい。膝を故障したのは誤算だが、逆にいえばハードなトレーニングをできるぐらいに肉体的にはいい状態ということだろうか。

痛めた部位は大腿筋膜張筋とのこと。そこに炎症ができているようだ。

上の動画内では、今後はしばらくバイクに乗らず、バイクトレーニングに復帰するとしてもゆっくりと負荷をあまりかけないでトレーニングをこなしてく予定と述べている。

膝の痛みは自転車選手には職業病みたいなものかもしれないが、もう若くはないのでまずはしっかりと治してほしいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください