74万円のチタン製パワーメーター?InfoCrankから3Dプリントのチタン製パワーメータークランク「Infocrank 3D Ti」が登場。商業製品としては世界初

近年の自転車業界の流行りといえば、3Dプリント技術によって作られた製品の登場がある。プロ選手が使う一点物も3Dプリンタですぐに作り、試すことができるなどの利点がある。

そんな中、アメリカはオレゴン州のVerve Cyclingが、そのパワーメーターシステムのInfoCrankシリーズに、商業製品として世界初の、3Dプリントによってつくられたチタン製パワーメーターシステム「Infocrank 3D Ti」を開発した。

情報源:VERVE CYCLING ANNOUNCES A £4,740 3D-PRINTED TITANIUM POWER METER

まずは製品PVを。

Inforcrank公式:InfoCrank 3D Ti

今回のInfocrank 3D Tiは名前のとおりパワーメーター機能を搭載したチタン製のクランクだ。

もともとVerve Cyclingは、トラック競技で有名なパワーメーター屋さんで、2016年には英国代表チームとパートナー契約を結び、同トラックチームに特化した特別なパワーメーターを開発したなどの実績がある。

Inforcrank公式:パワーメーター製品群のページ

新作のInfocrank 3D Tiのクランクは、Ti6Al4Vチタンを使ったもので表面はミラー加工された高級感あふれる一品。なぜ今回3Dプリント技術が使われたのか、その理由を同社は、「より自由度の高い設計やデザインが可能で、理想の形状に仕上げられるから」と表現する。

情報源記事によると、米国市場向けは税込みで$6,450(約74万円)とのこと。

詳しいことは公式ページでどうぞ。

Inforcrank公式:InfoCrank 3D Ti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください