Enter your email address below and subscribe to our newsletter

2022ツール・ド・フランス第6ステージ

アカン強すぎる。2022ツール第6ステージの感想・ハイライト動画・結果

2022ツール・ド・フランス第6ステージの感想・ハイライト動画・結果

Share your love

昨日のツール・ド・フランス第5ステージで落車して肩を脱臼したプリモシュ・ログリッチ(Primož Roglič)だが、レース後のコメントどおりにレースを継続。今日は無事にスタートした。

そんな今日はなんとマイヨ・ジョーヌが!という展開となった。

なお第6ステージは帰宅後にすぐ風呂に入って、風呂から出てJスポをつけたらゴールシーンだったのでゴールシーンから見ることができなかった。

第6ステージのコース

以下の記事を見ておいてほしい。その記事でも書いたが、今日の第6ステージは今大会最長ステージだ。

展開と感想

マイヨ・ジョーヌが序盤から大逃げ

今日はマイヨ・ジョーヌを着るワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)がスタート直後のアタック合戦に参戦。

おそらく中間スプリントでポイントを稼ぎ(マイヨ・ジョーヌを着てはいるが)、ポイント賞確保を万全のものにするためだろう。

残り145kmとなるとその後先頭集団からワウト・ファン・アールト、Trek-Segafredoのクイン・シモンズ(Quinn Simmons)、そしてイスラエル・プレミアテックのヤコブ・フルサン(Jakob Fuglsang)の3人が飛び出す。

この3人は快調に後方を突き放しながら走る。

そして中間スプリントは、ワウト・ファン・アールトを先頭にしたまま3人で通過。ワウトが20ポイントを獲得しポイントを積み上げる。

3人とも実力者だけになかなか良いメンツでこのままずっと3人でいくのかと思われたが、ヤコブ・フルサン(Jakob Fuglsang)が途中でメカトラで脱落。

そしてその後、ちょっとした登りでワウトがシモンズを置き去りにし、ついにワウトの独走体制となるも、ゴールまで残り11kmで残念ながらメイン集団に捕まってしまった。

ワウトとすれば今日はポイントを稼ぐことが最優先で、スタート前からマイヨ・ジョーヌをもともと手放すの覚悟だったのだろう。今日で黄色いワウトとはお別れ。明日からは緑のワウト。

終盤で落車2つ

アカン、強すぎる

残り4kmとなった登りでトタルエネルジーのアレクシー・ヴィエルモ(Alexis Vuillermoz)がアタック。そのすぐあとにポガチャルが反応。ここからついにこの日の決戦がスタート。

その登りの後に一度下って、そしてまた登ってゴールというレイアウト。最後の登りスプリントを制するのは誰だ?

というわけでゴール前1kmからの動画をどうぞ。

最後の登りでUAEトレインが炸裂。ポガチャルをしっかりとアシスト。

ログリッチが早くしかけるが、ポガチャルもしっかりとそれをフォロー。そして最後はマイケル・マシューズらパンチャーの追撃を振り切ってゴール・・・

(´・ω・`)「正直、強すぎる以外の言葉が出ないんですわ」

でもログリッチが最後までしっかりと走れていたのは良かった。怪我当日よりも翌日に状態が思ったより悪かったとかはよくあるからね。

あと展開次第ではチームEFのニールソン・ポーレス(Neilson Powless)がマイヨ・ジョーヌという可能性もあったが、ポガチャルに持っていかれた。

昨年のツールでのポガチャルはどうだったか?

なお、昨年の2021ツール・ド・フランスでは第8ステージでタデイ・ポガチャルはマイヨ・ジョーヌを獲得。結局そのまま一度も黄色の輝きを奪われることなく総合優勝。

そして今年は今日の第6ステージでマイヨ・ジョーヌを獲得。はたして昨年度を超える連続キープとなるだろうか?

ちなみにマイヨ・ジョーヌの着用日数の歴代最多はもちろんエディ・メルクスで111日。

ハイライト動画

結果

ステージトップ10

順位選手名チーム名1位とのタイム差
1タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)UAE Team Emirates0
2マイケル・マシューズ(Michael Matthews)BikeExchange-Jayco
3ダヴィ・ゴデュ(David Gaudu)GroupamaーFDJ
4トム・ピドコック(Tom Pidcock)INEOS Grenadiers
5ナイロ・キンタナ(Nairo Quintana)Arkéa-Samsic
6ディラン・トゥーンス(Dylan Teuns)Bahrain Victorious
7ヨナス・ヴィンゲゴー(Jonas Vingegaard)Jumbo-Visma
8ダニエル・マルティネス(Daniel Martínez)INEOS Grenadiers
9プリモシュ・ログリッチ(Primož Roglič)Jumbo-Visma
10ロマン・バルデ(Romain Bardet)Team DSM

総合トップ10

順位選手名チーム名1位とのタイム差
1タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)UAE Team Emirates0
2ニールソン・ポーレス(Neilson Powless)EF Education-EasyPost0:04
3ヨナス・ヴィンゲゴー(Jonas Vingegaard)Jumbo-Visma0:31
4アダム・イエーツ(Adam Yates)INEOS Grenadiers0:39
5トム・ピドコック(Tom Pidcock)INEOS Grenadiers0:40
6ゲラント・トーマス(Geraint Thomas)INEOS Grenadiers0:46
7アレクサンドル・ウラソフ(Aleksandr Vlasov)Bora-hansgrohe0:52
8ダニエル・マルティネス(Daniel Martínez)INEOS Grenadiers1:00
9ロマン・バルデ(Romain Bardet)Team DSM1:01
10ダヴィ・ゴデュ(David Gaudu)GroupamaーFDJ1:02

各賞ジャージ

ジャージ選手名チーム名
マイヨ・ジョーヌ(総合首位)タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)UAE Team Emirates
マイヨ・ヴェール(ポイント賞)ワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)Jumbo-Visma
マイヨブランポワルージュ(山岳賞)マグナス・コルト・ニールセン(Magnus Cort Nielsen)EF Education-EasyPost
マイヨ・ブラン(新人賞:25歳以下)タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)UAE Team Emirates
Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6667

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!