ワウト・ファン・アールトがピーター・サガンを超えてポイント数歴代2位へ。2022ツール・ド・フランス

今年のツール・ド・フランスの主役といえば、ヨナス・ヴィンゲゴー(Jonas Vingegaard)、タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)、そしてなんといってもワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)。

ワウトはシーズン当初の目標どおりにチームメイトの総合優勝と自身のマイヨ・ヴェール(ポイント賞1位)を達成。最終日の終了後は感動の涙を流していた。

そんなワウトだが今年のツールではある記録更新がかかっていた。それは最多ポイント数だ。次のツイートを見て欲しい。

これは2011年以降の最多ポイント数ランキングだが、今年のツールが始まるまではピーター・サガン(Peter Sagan)が2018年ツールで残した477ポイントが2011年以降で最多だった。

だが今年の2022ツールでワウト・ファン・アールトは最終的に480ポイント獲得。見事に2011年以降の記録を塗り替えた。

なお歴代最多は1959年大会のAndré Darrigade(アンドレ・ダリガード)の613ポイントとなっている。

おもしろいことに翌年の1960年大会ではJean Graczykが74ポイントでポイント賞を獲得している。歴代最少ポイントでのポイント賞獲得だ。

ただ昔のツールと今ではもう完全に別ものなので、現代ツールの中ではワウト・ファン・アールトが最多ということでいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください