Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロットとイスラエルの降格ほぼ確定。WT残留バトルも実質終了へ

実質的にワールドツアー残留争い終了。ロット・スーダルとイスラエル・プレミアテックの降格がほぼ確定

Share your love

年間最後のワールドツアーにしてモニュメントのイル・ロンバルディアが終わったことで、ロードレースシーズンは実質的にほぼ終わりとなる。

来年の1月にはコロナ禍で2年中止だったツアー・ダウン・アンダーが久しぶりに開催されることが決定しているので、それまでワールドツアーとはお別れとなる。

ただ問題はワールドツアー残留争いがどうなっているのかということ。次のツイートの画像を見て欲しい。

現時点では上のような順位・ポイントとなっている。重要なのは18位~21位の部分。これまでも述べてきたように、現在のワールドツアーチームのうち2チームが降格となる。

18位のアルケア・サムシックは来年度ワールドツアー昇格を狙っており、その願いが叶う。

19位のロット・スーダルはそのアルケアと1000ポイント以上の差があり、これは残りレース数を考えると逆転が不可能な差。

20位はトタルエネルジーズはアルケアと同じく現在ProTeamだが、アルケアとは違って来年度からのワールドツアー昇格は狙っていない。

マチュー・ファン・デル・プールのアルペシン・ドゥクーニンクとアルケアが来年からワールドツアーへ行くこと、そしてロットがProTeamへ降格となることの2点を前提とすると、ProTeamランキング1位は実質的にロット、2位はトタルとなる。

これら両チームが来年度の全てのワールドツアー(グランツールも含む)にワイルドカードとして自動的に招待される権利を得る。

一方で今のランキングで21位のイスラエルは実質的にProTeamランキングで3位となる。このため来年度はワールドツアーのうちワンデイレースだけを対象として自動的に招待されることになる。一方でグランツールには自動的に招待されない。各グランツールではそれぞれの地元チームが贔屓されるため、イスラエルのグランツール出場はかなり難しい状況になるのではないだろうか。

今後UCIの最終審査などがあるだろうが、そこでなんらかの特別な事情などが見つけられなければ、ロットとイスラエルの降格は確定となるだろう。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6591

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!