マンチェスター・ユナイテッドの戦略からユンボ・ヴィズマは学ぶ

サッカーのスーパーチームの1つイギリスのマンチェスター・ユナイテッド(通称マンU)。元オアシスのノエル・ギャラガーが世界で最も愛するマンチェスター・シティのライバルチームでもある。また、マンUには昨年12年ぶりにあの大スターのクリスティアーノ・ロナウドが戻ってきた。

そんなサッカー界を代表するスーパーチームを率いるのがオランダ人の名将エリック・テン・ハフ(Erik ten Hag)。

マンチェスター・ユナイテッドはスーパースターが揃うチームであるため、ベンチ入り選手も豪華で豊富。そして試合に出られない選手も個性的かつ実力のあるくせ者ぞろい。

自信も実力もあり誇り高いが試合に出られずベンチのまま。そんなスター選手たちをその名将はどうマネージメントしているのか。

ロードレースでマンUのように(?)スター選手の揃うチームとなったユンボ・ヴィズマのボスであるマーリン・ジーマン(Merijn Zeeman)は、そんなマンUの名将から選手マネージメントとチーム戦略の極意を学ぼうとしたようだ。

情報源:Jumbo-Visma talks tactics and ‘benching’ athletes with Manchester United boss

オランダの雑誌Helden Magazineにてマーリン・ジーマンのインタビューが掲載されているようだが、そこで彼はエリック・テン・ハフといっしょにマンチェスターまで移動したことがあって、そのときチームマネージメントについていろいろ語り合ったとのこと。

サッカーとロードレースはスポーツ種目としては全く別だが、チーム戦略、サッカーの本質、ゲームプランの立て方などの点についてマンUの名将の教えを請うた。

特に、ジーマンとしては試合に出られずベンチに座る選手たちにを1人の人間として敬意を払いながらどう人間的に接していくのか、それを知りたかったようだ。

どんな組織でもそうだろうが、たとえ控えメンバーでも組織にとっては重要。特にスポーツは怪我や突然のスランプでレギュラーがいつどうなってもおかしくはない。そんなときにしっかりと代わりに働いてもらわなければならない。控え選手もチームの重要なチームの一員である。むしろ危機的状況でヒーローとなるべき選手とも言える。

そんな控え選手との関係を良好なものにし続けることが出来ればユンボ・ヴィズマもこれまで以上に強くなるだろう。来年からのユンボは完全無欠の最強チームとなるのであろうか。

とか書いてたらいきなりロナウドが問題発言して大騒動になっていた。

C・ロナウドの衝撃発言にマン・Uが声明…対応検討中、監督やチームメイトは失望との報道も

先日にイギリス『ザ・サン』のインタビューでエリック・テン・ハーグ監督に対して「彼は僕に敬意を示さないから、僕は彼をリスペクトしていない」と発言。さらにクラブに対しても「裏切られたという気持ち」と衝撃的な発言を残していた。

(‘A`)「・・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください