Enter your email address below and subscribe to our newsletter

【朗報】マチュー・ファン・デル・プール逆転無罪!2022世界戦前夜のクソガキ事件

マチュー・ファン・デル・プール(Mathieu van der Poel)が逆転無罪!世界選手権前夜のクソガキ事件で控訴審が第1審判決を覆す。

Share your love

今年の世界選手権のほぼ当日の深夜、マチュー・ファン・デル・プール(Mathieu van der Poel)が宿泊するホテルでクソガキどもが騒いでマチューを怒らせ、彼がそのクソガキどもを追いかけて責めたという事件があった。次の過去記事をまた読んでもらいたい。

過去記事:「マチューは心が折れたのだろう」。アルペシンのボスが語る、2022世界選前夜のホテルでの警察沙汰とマチューのリタイア

そしてマチューは警察に身柄を拘束され、裁判へ。結果、暴行罪での有罪判決。オーストラリアへの入国禁止が3年間という処分と、罰金1,500オーストラリアドル(約14万円)という内容だった。

だがマチュー側はこれを不服として控訴。今回控訴審で判決が下った。その結果はマチューの逆転プチ勝訴(?)となった。内容は、前審の判決の取り消し無罪と、1年間の条件付きの釈放。

情報源:Professional cyclist Mathieu van der Poel’s convictions quashed

イメージでいうと日本のいわゆる執行猶予に近いイメージだが、日本の執行猶予は有罪判決が前提である一方で今回のマチューのものは無罪判決が前提となっている点で根本的に法制度として異なる。

上情報源記事のオーストラリアのデイリーテレグラフ紙では、今回の控訴審判決文の内容として、

Judge Ian Bourke SC said while van der Poel’s actions would have been “disturbing” for the young pair, it came as a “response to annoying and invasive conduct” which amounted to a “significant degree of provocation”.

と書かれている。

判決文では、マチューがクソガキを追いかけて責めた行為はクソガキを動揺させる心理的に負担を与えるようなものだったが、それはクソガキによる迷惑で侵襲的な行為、そしてひどい挑発行為に対する反応だと表現し、結局クソガキどもの自業自得という感じの判断となっている。

次のクソガキ事件関連記事もどうぞ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6700

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!