Enter your email address below and subscribe to our newsletter

シグマスポーツ「コロナ後もハイエンドモデルは堅調な売れ行き。電動自転車も強い需要が継続」

コロナ後でもハイエンドモデルのロードバイクとグラベルバイクは販売好調。在庫が追いつかず。

Share your love

もはや世界はコロナ禍が終わりアフター・コロナへ完全に移行したと思われるような状況だが、コロナ発生直後から世界中で自転車需要が爆発し、経済活動の混乱・停滞もあわせて自転車産業界もカオスな状況に陥り、品切れ祭りとなったことは記憶に新しい。

しかし逆にアフターコロナが始まった昨年からはそんな旺盛な自転車需要も落ち着き、さらには小売店もメーカーもその反動で大幅な販売減になる(なっている)とも伝えられている。

だがしかし、海外通販で有名なシグマスポーツ(Sigma Sports)によると、

  • ハイエンドモデルのロードバイクとグラベルバイク(アルテグラやデュラエース搭載モデルなど)
  • 電動自転車(E-bike)

この2種類だけは現在でも強い需要があり、注文に対して在庫が追いつかない状態のようだ。

情報源:‘We can’t get enough high-end road and gravel bikes,’ says Sigma Sports founder

シグマスポーツ曰く「ハイエンドモデルのロードバイクやグラベルバイクについては強い需要があるが、在庫はギリギリ。その日暮らしみたいな感じ」とのこと。

ただし大手メーカーからは、「そのうち供給不足もマシになる」との考えが伝えられているようだ。

各国の市場ごとに需要の状況は異なるだろうが、欧米市場ではそのような状態なのだろう。日本市場はどうだろうか。

また電動自転車についても上述のようにここ数年の強い需要はそのまま継続しているようだ。シグマスポーツとしては通勤・通学モデルが最大の売れ筋のようだが、電動のマウンテンバイクもかなり売れているとのこと。

コロナ禍の終焉とともに自転車需要の落ち込みが伝えられているところだが、いちがいに全てがそうではなく、このように車種によって異なる状況のようだ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6666

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!