Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレース 2023ジロ・デ・イタリア第16ステージのコースプロフィール

今夜は獲得標高5200m!2023ジロ・デ・イタリア第16ステージのコースについて

今夜の2023ジロ・デ・イタリア第16ステージはいきなりの5つ星山岳ステージ!

Share your love

今年の2023ジロ・デ・イタリアは誰もが感じているだろうが、雨のせいか総合争いがいつまでたっても本格的始まらずもどかしい大会となっている。しかしそんなファンのモヤモヤも本日から解消されるだろう。

なぜなら最終週がスタートする今日はさっそく最高難易度である5つ星の山岳ステージが登場するうえに、これからの1週間には4つの山岳ステージ(山岳個人TT含む)が組み込まれているからだ。

ロードレース 2023ジロ・デ・イタリア第16ステージのコースプロフィール
大会公式サイトより

1級→3級→2級→2級→1級山頂フィニッシュと5つもの山岳が詰め込まれている。1日の獲得標高は5200mほど。ドロミテのエリアの入り口のような地域が舞台となっている。

最後のゴールの舞台となる1級岳モンテ・ボンドーネは登坂距離21.4kmと長く、平均斜度6.7%。ただしその序盤は平均9%と厳しい。また終盤には約8kmに渡り平均8%超、そして最大斜度15%の九十九折が登場する。間違いなくこの九十九折区間で誰かがしかけるだろう。

現時点では総合争いよりも山岳賞争いのほうが熱い展開となっているが、その山岳賞バトルには注目したいステージだ。バイス、ピノ、ベン・ヒーリーたちが今日も逃げるのか?それとも追いかけるのか?

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6590

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!