Enter your email address below and subscribe to our newsletter

今年のミラノ~サンレモは短距離?そのコース発表。今年はパヴィーア~サンレモへ

いつもより短距離?2024ミラノ~サンレモのコースが発表

Share your love

年間最初のモニュメント、ミラノ~サンレモコースが発表された。次の通りだ。

2024ミラノ~サンレモのコース

ロードレース2024ミラノ~サンレモのコースプロフィール

基本的には毎年同じようなコースだが、スタート地点から中盤まではちょこちょこルートが変わる。今年はパヴィーア(Pavia)からのスタートとなり、全走行距離は288km。

今年の走行距離、短くない?

288kmと聞くと、「ん?ちょっと短くない?」と思ってしまうのがミラノ~サンレモのヤバイところだ。ワンデイレースとしては最長のレースとして君臨するレースであるがゆえに、例年290km~300km超が当たり前。しかし今年は290km未満だ。

ちなみに2010年以降のミラノ~サンレモの走行距離をまとめると次のようになる。

年度走行距離
2023294 km
2022293 km
2021299 km
2020305 km
2019291 km
2018294 km
2017291 km
2016295 km
2015293 km
2014294 km
2013249 km
(雪による悪天候でレースが途中で中断しコース変更&短縮の結果)
2012298 km
2011298 km
2010298 km

このように290km未満という走行距離は近年では珍しい。なお2002年と2001年には287kmだった。

優勝候補筆頭は昨年の優勝者マチュー・ファン・デル・プール(Mathieu van der Poel)だろうが、マチューはミラノ~サンレモが今シーズンのロードレース初戦となる可能性があるので、もしそうなれば300km近い長距離にどれだけ体を慣らせることができているかが重要なポイントになるだろう。1時間ぐらいで終わるシクロクロスとは全く異なる能力が必要とされる。

ライバルはタデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)とワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)ら。マテイ・モホリッチ(Matej Mohoric )も彼らにポッジオの頂上までついていければ、下りで一気に飛び出す可能性がある。

昨年のミラノ~サンレモの感想、ハイライト動画、結果はこちらの記事で。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6250

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!