Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

メカニックを選手として偽装!?UCIがチームCynisca Cyclingに制裁

女子コンチネンタルチームCynisca Cyclingが、メカニックを選手に偽装させてレース出場するもバレてUCIから制裁

Share your love

メカニックを選手として登録していたチームが、UCIから制裁を受けた。次のUCI公式ページを見てほしい。

UCI公式:Decision of the UCI Disciplinary Commission concerning the Cynisca Cycling team

今回問題となったチームは、アメリカの女子コンチネンタルチームのCynisca Cycling。

同チームはベルギーで開催されたワンデイレースArgenta Classicに出場しようとしてた。その大会では5名の選手が必要というルールだったが、困ったことに同チームのフランス人が1人病気で出場できないこととなった。

大会審判団から「レース前の署名が4人なら出場させられない」と言われ、同チームの監督は他の選手4人に対して「彼女はここにいるけど、ちょっと体調が悪いんだ」と嘘をつくよう指示。彼女らはそれに従った。

監督はさらに、メカニックの女性に選手のチームジャージを着させて、顔にはマスクをつけさせ、5人目の選手としてスタート地点に送り込んだ。メカニックを選手に偽装したわけだ。そしてこれがUCIにバレた。

今回のUCI発表では、その監督を主犯格と認定し2025年12月31日までレース界でのあらゆる活動を禁止させ、同時に罰金も課すとこととなった。

また選手になりすましたメカニックの女性については、積極的に偽装に加わったとして2024年9月1日までレース界の活動を禁止する処分となった。

加えて他の選手4人についても、監督の不適切な指示に従ったということで厳重注意処分となった。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6427

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!