Loading...
ニュース

UCIが来年のグランツールでは1チームの人数を減らすことを決定。9人から8人へ。またサッカーワールドカップの影響でツールの日程が変更。

UCI Twitterより

UCIが、来年のグランツール(ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・エスパーニャ)などバカでかい大会で、1チームの人数を9人から8人へ減らすことを決定。

UCIが2018年のロードレースについて発表。

UCI公式:Professional Cycling Council approves 2018 UCI WorldTour calendar

①2018年のツール・ド・フランスについて

まず来年のワールドツアーのレース日程はほぼ今年どおり。

ただし、ツール・ド・フランスの日程については例年よりも1週間遅らせることになった。その理由は同時期に開催されるサッカーのワールドカップ2018。

ワシはサッカーはドーピングと八百長と脱税にしか興味ないから、ワールドカップをどこでいつやるんか知らんかったけど、ロシアでやるんやね。おまえらちゃんと知ってた?日本は出場できそうなん?

なお、ワールドツアーだけでなく、HC1・HC2のレースも含めたUCIのレースについての詳細・正確な日程は9月ごろに公式発表されるもよう。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

②グランツールでは1チーム9人から8人へ

人数の縮減については、もともとレースの主催者側が提案してた。ツールとブエルタを主催するAmaury Sports Organisation (ASO)、ジロなどを主催するRCS Sport、そしてベルギーのフランドルなどを主催するFlanders Classicsの3つ。

でもこの提案にUCIが難色示してたというか、動こうとしてなかった。UCIの言い分としては主催者側だけが勝手に決めることちゃうやろということ。

しかし、選手側の団体であるProfessional Cycling Council (PCC)が昨日この提案を承認したことで、UCIは「ほーん、ま、選手側もそういうんやったらやったらやろか」という感じで正式決定。というわけで、来年のグランツールなどでかいレースでは1チーム9人から8人となり、プロトンの人数は最大で176人(22チーム)までとなる予定。

近年はプロトン内部の危険がかなり高まってたしね。特にゴール前スプリントに向けての位置取り合戦で落車は当たり前みたいになっとるしね。

でもこれで、来年は各チームとも出場選手の選定には今よりも苦悩することになるな。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK