Loading...
ニュース

カンチェラーラvsフィル・ゲイモンの勝負の結果。

 

只今絶賛ツール・ド・フランス中やけど、今回は以前に記事にしたファビアン・カンチェラーラvsフィル・ゲイモンの勝負の結果についてや。これね。

 

ついにカンチェラーラvsフィル・ゲイモンが実現!モータードーピング騒動に決着はつくのか?

 

で、当日は無事に天候に恵まれちゃんと勝負が開催された。カンチェラーラが主催するChasing Cancellaraというイベントにフィル・ゲイモンが参加し、そのイベントの中でデュエル(決闘)となった。場所はスイスの山。当然登り。ほぼずっと登りが続くクライミング勝負。いうても平均斜度は5%程度やけどね。ちょこちょこ10%とかがある感じ。

 




 

 

ファビアン・カンチェラーラvsフィル・ゲイモン。勝負の行方は?

 

①結果はいかに?

 

さっそくその一部始終を動画でどぞ。

 

 

この動画はフィル・ゲイモンが「投稿」した動画で、フィル本人の解説がくっついてる。しゃべってるのはフィル本人。派手なジャージx黄色?ヘルメットがフィル。地味なGore社の黒色ジャージがカンチェラーラ。カンチェラーラはGore社の広報担当(宣伝大使)やっとるからね。

 

ただ、この動画においてははっきりと勝者がゴールしたシーンが撮影されてるわけやない。撮影者がゴールしたときにはカンチェラーラとフィルが二人して握手し、どっかのカメラマンに撮影されてるシーンが映ってるだけ。

 

というわけで、先に結果だけ書いとくと、今回の登り勝負の勝者はフィル・ゲイモン!さすがクライマーやね。動画の12:40あたりからみてもらうと、そこで二人の間に大きなギャップができたのがわかる。

 

まぁ動画を最後までちゃんと見てもらうとわかるように、ガチのレースやないわけよ。そもそも二人の勝負用の貸し切りコースではなく、他の一般参加者もいる中でやってるわけで。さらに、カンチェラーラと撮影者は途中で路上の観戦者(?)から「クッキー」を受け取って食っとるわけよ。フィル自身もスタートラインでは見知らぬ参加者からクッキーをもらって談笑してたりと。

 

で、動画の後半で、

 

フィル「ワシとカンチェラーラはアプローチの仕方は全然ちゃうけど、自転車ファンに楽しんでもらいたいという気持ちは同じやし、たとえばわざわざこの日にクッキーを用意してくれたファンもいるわけよ。それはこの勝負の結果どうこうよりも重要なことなんちゃうか?」

 

みたいな趣旨のことを言うてるわけ。

 



 

さらにTwitterでは、

 

 

フィル「カンチェラーラもワシもTwitter上ではいろいろやりあってたけど、今はこうして一緒に走って、ともにクッキーを食べ、競争したり、チャリティイベントを開いたりできるわけよ。せやから、人間何でもできるんよ。人生ってのはアートや。自分らしく生きて、楽しんで、そんで人の役にたつことをすればええ」

 

と、今回の対決という見世物(ショー)を総括する。

 

 

 

②撮影者の正体

 

さて、この動画を撮影してるやつ一体何者やねん、と思わへんかった?引退したとはいえ、クライマーのフィル、そして数々の栄光を残したカンチェラーラについていってる。最後は二人から遅れてるけど、それでもわりと余裕っぽい感じで走行してる。

 

実は二人を撮影してるのは、現役のプロ!なんとカチューシャアルペシンのネイサン・ハース!

 

そら速いわ。ボランティアでこの撮影係を引き受けたようや。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]





Wiggle:カンパ スーレコ12速
Wiggle:Giro Empire Knit
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:カンパ バレットウルトラ

2 comments
    1. piginwired
      piginwired

      せやで!ワシも見たとき、「こいつすげー」と思ってたらハースやってん!勝負どうこうよりそれが一番のネタやったわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK