フェンスに叩きつけらたサム・ベネットは無事か?パリ~ニース2020第3ステージ

昨夜のパリ~ニース第3ステージ。ゴール前は少し登り気味の集団スプリント勝負となった。

しかしゴール直前で、Deceuninck-QuickStepのエース、サム・ベネット(Sam Bennett)が落車にまきこまれ、フェンスに激突し落車。しばらく立ち上がれず、右手の甲あたりをずっとおさえていた。そんなサム・ベネットの状態がチームから発表された。





チームからの発表によると、衝撃的な落車だったにもかかわらず骨折などの重傷には至らず。ただ皮膚を縫合する処置などは施された。とにかく怪我は皮膚など肉体の表面的な部分のみで、大きな怪我はなし。

その診断結果、今日の個人タイムトライアルにも出場する予定とのこと。

昨夜のハイライト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください