6月のロードレースも中止



6月に開催予定だったツアー・オブ・スロベニアが中止となった。もちろん原因は新コロ助。いい加減飽きてきた。



本来ならばツアー・オブ・スロベニアは6月10日から16日までの日程で行われる予定だった。そしてUCIは4月いっぱいのレースの中止を要請したものの、6月のレースはその射程外だった。またツールの主催者ASOも、6月以降のレースについては予定どおりの開催を予定している。

そんな中でのツアー・オブ・スロベニアの中止。同レースのディレクターは次のように話す。

“The fact is that all groundwork had to be cancelled for an unforeseen length of time and we had to question the new financial reality.



訳「事実として、レースを開催するためのあらゆる準備活動が先の見えない延期となってしまってるし、レースやっても金銭面で意味ないんちゃうかと考えざるを得なかった。」

日本と異なり、ヨーロッパではどんどん新コロ助が拡大中。各国の外出禁止令も増えた。本来ならシェンゲン協定により自由な往来が保障されていたにも関わらず、人々の往来は規制されている。

そんな状況下ではレースをしようにも、その準備活動ですらまともに行えない。また、強行したとしても人々が集まらないなら収益も上がらない。


そんな事情を考えての苦渋の決断というわけ。

このツアー・オブ・スロベニアが直面した問題・事情は、他のレースでも当然同じはず。ならば、6月以降のレースも全部アウトになる可能性が高くなってきた・・・?

どうすればええんやろね。ブタにはさっぱりわからない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください