ロンドン

新コロで自転車屋が大盛況。自転車は強い。



新コロ助の感染拡大で厳戒態勢が敷かれているヨーロッパ。しかし、ロンドンでは自転車屋が大忙しとなっているもよう。

情報源:Bike shops see boom in repairs and servicing due to coronavirus

その理由は、濃厚接触を避けるために電車や車などの利用をやめ、かつ、徒歩よりもずっと速く移動でき、荷物もつめる自転車に注目が集まり、自転車を利用しようとする人々が増えているから。

自転車



人々はこれまでガレージに置きっぱなしだった錆びた自転車を引っ張り出し、自転車屋にメンテナンスや修理を依頼する。

また、新しい自転車を購入したり、いろんな部品も購入する。そういうお客さんが大幅に増えているため、ロンドンの自転車屋は今、繁忙期になっているもよう。

もちろんこれまで記事にしたこともあるけど、ヨーロッパの大都市、特にロンドンではここ10年で自転車通勤者の割合が激増している。自転車通勤がブームになっている。そんな事情も今回のちょっとした「ブーム」を後押しする背景であると思われる。

【関連記事】

シティ・オブ・ロンドンがついに全て車の乗り入れを禁止へ。

【ロンドン自転車事情】太っ腹ロンドン!無灯火のアホどもにライトを無料で配布!おまえらロンドンへ急げ!

知られざるイギリスの自転車産業の現状・真実。良い?悪い?

【1億4000万円】なぜBromptonは大量の在庫を抱えたのか?決算とBrexitとの関係は?

BromptonのCEO「これからは電動自転車や。従来の自転車はグッバイ」

世界的な自転車ブームか?ロンドンバイクショーでも参加企業が大幅増加。

【海外自転車事情】コペンハーゲンでついに自転車の数が車より多くなる。ロンドンでは急激に増加する自転車通勤にインフラ整備が追い付かず。

産業構造の変化とユーロバイクの変化



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください