Fulcrum(フルクラム) カーボンホイール SPEED 55 DB

フルクラムから新カーボンホイール「SPEED 55 DB」が登場。55Tとの違いは?



欧米のキリスト教徒には重要な祝祭日、イースター。いわゆる「復活祭」。なぜ重要なのかといえば、十字架で死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを祝うものだから。

そんな先日のイースターにホイールブランドのフルクラム(Fulcrum)が意味深な投稿をインスタグラムにUPしていた。それがこれ。



これが投稿された時点では画像だけで詳細は不明だった。説明書きも「こうご期待」みたいなことしか書かれていなかった。しかし、ついにその画像の正体が判明した。それが、今回発表された新カーボンホイール、SPEED 55 DB。

SPEED 55DBと同55T DBの違いは?



今回の55 DBはこんな感じ。ちなみにDBとはディスクブレーキ専用モデルという意味。55はリムハイト

Fulcrum(フルクラム) カーボンホイール SPEED 55 DB
© Fulcrum Wheels s.r.l.  



SPEED 55と聞いて、ホイールマニア・オタクは「ん?」と思ったかもしれへん。それもそのはず、SPEED 55T DBというホイールがすでに販売されているから。今回のは「55」、すでにあるのは「55T」。「T」があるかないか。

すでに販売されている「55T」の「T」とはチューブラー専用ホイールのこと。TubularのT。今回発表されたのは「T」の無いバージョン。すなわちフルクラムの独自名称「2-Way fit」仕様(クリンチャーとチューブレスの両方に対応)のモデルである。

Fulcrum(フルクラム) カーボンホイール SPEED 55 DB
© Fulcrum Wheels s.r.l.  



基本的な仕様やスペックは、既存のSpeed 55T DBと同じなので詳細は省く。55T版については下のリンクで日本代理店公式ぺージを見てほしい。

リンク(カワシマサイクル):Speed 55T DB

リンク(サイスポ):フルクラムから「SPEED 55T DB」が登場 フラッグシップのエアロ・ディスクブレーキホイール

今回の55と上記55Tは基本的には同じだが、ちょっとした違いもある。その違いをいくつか箇条書きにしておくと、

・重量について、55Tは1395 gだが、55は1580 g。55のほうが少し重い
・上述のように55は2-Way fit(クリンチャーとチューブレスに対応)、55Tはチューブラー専用
・適応タイヤ幅は55Tは23mm~、しかし55は25mm~50mm
・体重制限は55Tが109㎏、しかし55は120㎏

となっている。

価格については55の海外での公式価格は€2,045(約24万円)。ただし55Tのほうは、日本公式価格が349,000円となっているので、ひょっとしたら今回の55も、35万円近くになるのかもしれない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください