世界で最も肉厚のバーテープ?Wolf ToothよりSupple Bar Tapeが登場



ロードバイクのハンドルから伝わる振動や衝撃で手に痛みを感じたり、しびれを感じる人にはおすすめの一品となるかもしれない。そんなバーテープが、ロードバイクアクセサリーなどで有名なWolf Toothから発表された。

それがこちら、Suppleバーテープ。



Wolf Tooth公式通販ページ:Supple Bar Tape

この公式Instagramの画像では一見地味な、そこらへんにあるただのバーテープだが、実は世界最厚かもしれない厚さを誇る。

最も手が疲れにくいバーテープ。Wofl Tooth Supple バーテープ
© 2020, Wolf Tooth Components 画像クリックで公式ページへ

まず幅は4cmある。ただ幅弘というだけならRedMonkey Sports社のBIG40という製品も同じだが、それと異なるのは前述のように「肉厚」であること。

このWolf ToothのSuppleバーテープは、5mm厚となる。

素材は100%シリコン製で、通常のバーテープと同じような基本性能は備えている。すなわち手が滑りにくい表面加工(テクスチャ)や、耐摩耗性、水洗い可能などの性能を具備している。

特に昨今流行りのグラベルロードでは、アスファルト舗装されている道とは異なり衝撃が大きくなりがちで、手が疲れやすい人がいるかもしれない。そういう人は試す価値はあるのではないだろうか。

ひょっとしたら今年のパリ~ルーベでも、プロがこっそりと使うかもしれないね。バーテープなら気づかれにくい?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください