ルーマニア

ルーマニア政府が渡航制限を緩和。マチュー・ファン・デル・プールのレース再開が可能へ。



チームAlpecin-Fenixに所属するオランダの至宝、マチュー・ファン・デル・プール(Mathieu van der Poel:MVDP)。 シクロクロス、MTB、そしてロードレースの3種全てで超一流というスーパースターである。

そんなマチューは、新コロ助19でめちゃくちゃになったシーズンの再スタートを、7/23~7/26に開催されるルーマニアでのSibiu Tourで実行する予定だったが、実はそれは無理なのではないかとの疑念がずっとあった。

というのも、7/6まではルーマに政府は海外からの入国について厳しい入国制限を課していたからである。規制対象国から入国するときには基本的には14日の隔離措置が要請されていた。

それにより事実上オランダ人のマチューやベルギー人選手のルーマニアでのレースは不可能だと思われた。

しかし、日本外務省のルーマニア大使館のWEBサイトで確認したところと、ルーマニア政府によって7/8の時点で入国規制を課されない、規制の対象外となる国が大幅に追加され、計44カ国が対象外となった。EUの規制緩和方針の決定を受けての動きだと思われる。

この44カ国については、同大使館のページによると、

EU加盟国,EEA(欧州経済領域)加盟国(欧州内の32の国・地域)
オーストリア,ブルガリア,チェコ,キプロス,クロアチア,スイス,
エストニア,フィンランド,フランス,ドイツ,ギリシャ,アイルランド,
アイスランド,イタリア,ラトヴィア,リヒテンシュタイン,リトアニア,
マルタ,ノルウェー,スロバキア,スロベニア,ハンガリー,モナコ,英国,ポーランド,スペイン,ベルギー,デンマーク,フェロー諸島,オランダ,アンドラ,バチカン
イ いわゆる第三国(12か国)
アルジェリア,オーストラリア,カナダ,韓国,ジョージア,日本,モロッコ,ニュージーランド,ルワンダ,タイ,チュニジア,ウルグアイ
(なお,「第三国」についての規制緩和の対象候補国と

日本外務省 ルーマニア大使館情報ページより



これにより、ほぼマチュー・ファン・デル・プールのSibiu Tourでのシーズン再開が可能になったと確定していいだろう。

なお、同レースにはワールドツアーチームとしてBora-hansgrohe、ISRAEL START-UP NATION、そしてチームCCCの育成チームが参戦予定となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください