ロードバイク Canyon(キャニオン) Aeroad 2021モデル

ビアンキから2021年モデル新Specialissimaが登場か?

ビアンキ(Bihanchi)が2015年に発表した創業130周年を祝う特別なモデルがSpecialissima。その2021年モデルかもしれないものが、海外通販サイトでリークされていたのが確認されているもよう。

情報源:Are Bianchi about to launch a revamped Specialissima? 2021 version of legendary race bike leaked on retail sites

2021Specialissimaが確認された海外通販サイト

一時的なリークが確認されたのは、たとえば次の2つの通販サイト。

どちらもはっきりと「2021」と書かれているが、それが単に2021年に発売する現行モデルという意味なのか、設計などを刷新した本当の意味の2021年モデルなのかはわからない。ただ、どちらも存在しているページはディスクブレーキモデルである。そして、UCIの承認機材リストの中にも、Specialissimaはディスクブレーキモデルのだけが記載されている。

もし仮にディスクブレーキモデルしか本当にないのであれば、リムブレーキモデルを廃止しただけなのか、やはりディスクブレーキに最適化したフレームへ再設計しなおした新しいモデルなのかのどちらかとなる。

現行モデルとのフレームの違い

ビアンキ日本公式:Specialissima

上記海外通販ページの画像と、この現行モデルとよーく見比べてもらいたい。

・シートクランプとその周辺のフレーム形状
・ケーブル内装設計の進化?
・ヘッドチューブの上側の形状
・リアディレイラー周辺のフレーム形状
・フロントフォークもちょっと違うような?

といった違いがあるように感じられるがどうだろう。

Specialissimaは発表された2015年以来ほとんど変わっていないようなので、そろそろ新設計のモデルが出たとしても時間的にはおかしくないのは確かである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください