2021年からUCIのフレーム規制が緩和。設計の自由度拡大でロードバイクのTTバイク化が加速か?

どうやら2021年度のスタートから、UCIルールが少し変更されるもよう。自転車産業の内部の人間からのリークが海外メディアにメールで届いたもよう。

その変更により、これまで厳格だったフレーム形状について設計の自由度が上がるかもしれない。また、その変更は、ロードバイクに限らずシクロクロス、TTバイク、トラックバイクにも適用されるというもの。一体どのように変化が起きるのか?その変更内容とは?

情報源:New UCI tech rules leaked: Is bike design about to get a shake-up?

変更点1:フレームの厚さの規制緩和。最薄1㎝未満も可能?

現状、UCIルールブックにはチューブの見た目上の厚さについて、次のように書かれている。

“The maximum height of the elements shall be 8 cm and the minimum thickness 2.5 cm. The minimum thickness shall be reduced to 1 cm for the chain stays (6) and the seat stays (5). The minimum thickness of the elements of the front fork shall be 1 cm; these may be straight or curved (7).”

UCIルールブックより

簡単にいえば、フレームに使われいてる各チューブ(シートステーやチェーンステーなども含む)の幅は、それぞれ2.5㎝~8㎝の範囲内でなければならないというルールである。

だが近年UCIはそのルールを緩和し、チェーンステーとシートステーについては、最薄を2.5㎝ではなく1㎝以上ならばOKというルールへ変更している(8㎝ルールはそのまま)。

そして今回のリーク情報によれば、UCIはその最薄2.5㎝ルールを1㎝へ変更し、同時にもともと1㎝へと緩和されていたチェーンステーとシートステーについては、そもそも最薄規定そのものを廃止する予定とのこと。すなわち、チェーンステーとシートステーは限りなく薄く作ることが可能となり、それ以外のチューブ(パイプ)も1㎝までならOKということになる。

この変更により、エアロロードバイクやTTバイクだけでなくあらゆるバイクに多くの変化が生まれるだろうとFactor Bikeの技術者Graham Shrive(前Cerveloの技術者でもある)が語っている。

特にチューブを薄くすることで快適性の向上が見込まれ、パリ~ルーベなどで使われるバイクのフレーム設計に変化が生まれる可能性があると語る。

一方で、エアロ性能の向上という観点ではさほど大きな変化は生じないのではないかとの予測も述べる。

変更点2:ロードバイクのTTバイク化が可能に?

現在のUCIルールでは、「TTバイク&ある種のトラックバイク 」という分野と、「その他トラックバイク&ロードバイク&シクロクロスバイク」という分野の2つを区別して規定している。それぞれ違うルールが適用される。

だが今回の変更では、それら2分野を統合し、TTバイクで許されている設計をロードバイクへも(部分的に?)適用させる方向であるとのこと。

これにより、ロードバイクフレームのTTバイク化が進むことになるかもしれない。

変更点3:シートポストの廃止もOK?

これまでのUCIルールでは、シートポストはシートチューブの延長上になければならないというルールがあった。しかし、次の変更でこのルールが消滅するかもしれないとのこと。これにより、トップチューブの上にサドルを付けることができるかもしれない。

「このブタ、何言ってんだ?」と思われるかもしれないが、次のBMCのTTバイク「Timemachine」を見てほしい。

シートチューブの延長上にシートポストがないことがわかるだろう。むしろトップチューブ上にシートポスト&サドルがくっついている。

こんな設計のロードバイクフレームが誕生するかもしれないのだ。

これまでUCIレースで走るバイクは、UCIルール(それに科学的根拠があるのかは別として)により、似たようなデザイン・設計のフレームしか生まれてこなかった。リーク情報が本当ならば今回の変更でそんな現状が少し変わるかもしれない。

ただ、最も注目度が高いと思われる重量規制(現在6.8㎏)が変更されるとのリーク情報はまだ見られない。ただ上述のような設計の自由度が緩和されるならば、重量規制も同時に見直すべきだと思うだがどうだろう。

かつてのSoftride(ソフトライド)のようなおもしろフレーム(かつ実用的なもの)がプロトンが活躍するようになれば、もっとレースもおもしろくなるはず。いろんな意味で。

【最大50%OFF】Amazon KADOKAWA秋の大規模キャンペーン2020の会場(10/15まで)

【最大70%オフ】Amazon プライムデーセールの会場(10/14まで)

2 thoughts on “2021年からUCIのフレーム規制が緩和。設計の自由度拡大でロードバイクのTTバイク化が加速か?

  1. TTバイクって一度くらいは手に入れてみたいので、ロードバイクとTTバイクのいいとこどりみたいな新しいフレームが出たらいいですね。

    eバイクなどの本体に限らず、ウェアやコンポ周り、その他諸々のパーツも新しいのがどんどん出てきて楽しいです。

    まあ、こうやってどんどんお金がなくなってんですけどね(´・ω:;.:…

    1. たしかにブタもまだTTバイクは未体験なので、TTバイクまたはTTバイクっぽいロードバイクをちょっとどんな感じが乗ってみたい気もするブヒ。

      多様性が叫ばれる時代。安全性を確保したうでプロトンの機材ももっと多様性があってもいい気がするブヒね。
      でも科学・分析技術の進歩で今のエアロロードバイクみたいに結局同じような形になるのも??

      でもまぁ結局お金がね・・(´・ω:;.:…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください