Sidiから新シューズ「Shot 2」登場

ロードバイク用シューズなどで有名なイタリアのブランドSidiから、新しいロードバイク用シューズ「Shot 2」が登場した。次のインスタグラムを見て欲しい。

すでに 日本の公式代理店深谷(ふかや)産業のWEBサイトが更新され、Shot 2の紹介ページが公開されているので、日本語情報は次のリンクからどうぞ。

深谷産業:Sidi Shot 2

深谷産業のサイトでは次のように紹介されている。

新ソールの材質は航空分野で使用されているカーボンの一種で、中足骨部(土踏まず周辺)のフィッティングを最適化しより効率的なパワー伝達が可能。 MTBモデルで採用されていたSRS技術をロードモデルで初めて採用。 シューズ中央に配置されたダブルテクノ3プッシュシステムは、旧モデルからマウント部の形状を変更し小型化することで、フィット感を向上。

Sidiのシューズはもともと劣化したパーツを取り替えたり、様々なシューズ用小物・パーツが用意されいていることで定評がある。そしてそれはこの新作のShot 2でも同様である。

Shot 2の特徴を数点簡単にまとめると、

  • アッパー部分の中央に「Boaっぽい」ダイアルを2つ搭載。これにより、操作性の向上や、不自然な圧迫感をなくしフィット感を改善
  • 靴底のソールに、「C-BOOST SRS SOLE」を採用。これまでのようにヒールカップも交換可能で、かつ、靴底のつまさき部分も交換可能
  • C-BOOST SRS SOLEにより、カーボン素材の剛性と、ナイロンファイバー部分による快適性を高い次元で統合し両立。パワーを逃がさずに快適性を向上
  • C-BOOST SRS SOLEでは、新形状のクリートネジ穴を採用し、クリートの調整量が増加
  • 踵上部のフィット感を向上させるための調整可能なパーツを導入。踵のホールド感をUP

といったところである。

2 thoughts on “Sidiから新シューズ「Shot 2」登場

  1. SIDIのシューズのダイアルってBOAじゃなくて
    自社オリジナルのダイアルじゃなかったでしたっけ?
    微妙に使いにくくてイヤだ
    BOAにして欲しい

    1. あ、たしかにそのようブヒね。見た目でそう思いこんでいたブヒ。
      あえてBOAそのものを使わないくせに使いにくいとは・・
      ちなみにブタのSidiシューズはベルクロなので、Sidiのダイアルは未体験だったブヒ。

      情報あざっす!

piginwired へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください