カヴェンディッシュvsアッカーマン!クラシカ・デ・アルメリアで激突

Deceuninck-QuickStepに移籍した(できた)マーク・カヴェンディッシュ。その裏事情(?)の一端は、「カヴェンディッシュ移籍の舞台裏。本人がスポンサーを連れてきた」や、「スペシャライズドがカヴェンディッシュ移籍コストを負担か?」でも紹介した。

さて古巣への復帰となったカヴェンディッシュだが、どうやら今シーズンの初戦はクラシカ・デ・アルメリア(Clásica de Almería)にあなるもよう。

情報源:Mark Cavendish to make QuickStep return at Clásica de Almería

2013~2015年とQuickStepで走っていたカヴェンディッシュは、その古巣に戻り今月はチームメイトらとチームトレーニングキャンプに参加していた。まだ完全な年間レース予定などは発表されていないが、ひとまず初戦は決まった。

1チーム7人での参加となり、Deceuninck-QuickStepのメンバーは次の通り(暫定的なスタートリスト)。

  1. Zdeněk Štybar (CZE)
  2. Mark Cavendish (GBR)
  3. Iljo Keisse (BEL)
  4. Bert Van Leberghe (BEL)
  5. Jannik Steimle (GER)
  6. Shane Archbold (NZL)
  7. Ian Garrison (USA)

そしてコースプロフィールはこうなっている。

©Clásica de Almería 公式サイトより

前半から中盤にかけて山が2つあるが、登場する場面と高さなどからすると登りで遅れてもなんとかなりそうな気がする。

この布陣とこのコースだとカヴェンディッシュが最後のスプリントを担いそうだが、状況次第でKeisseがエーススプリンターという展開もあるだろうか。

なお、Bora-hansgroheからはパスカル・アッカーマン(Pascal Ackermann)も出場するので新旧スプリンター対決が見られる可能性は大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください