F1マシンのフェラーリとフェルナンド・アロンソ

フェルナンド・アロンソが事故で重傷。自転車トレーニング中に車にはねられる

天才F1ドライバーの一人で世界中で人気の選手といえばフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)。すでに世界中のマスコミで報道されて知っている人は多いであろうが、アロンソが自転車でトレーニング中に車にはねられ、重傷を負った。

参考:F1復帰間近のアロンソ、交通事故で病院搬送。自転車トレーニング中に自動車と接触

アロンソといえば大の自転車好き。昔は自分自身のロードレースチームを作ろうとしていたこともあった。そんな自転車ファンだからこそ自転車トレーニングを積極的にやっている選手だったが、今回は不幸な事故になってしまった。

気になる容態だが、命に別状はなく意識ははっきりしているもよう。しかし、複数箇所の骨折との報道がなされている。

事故の場所は、イタリアとスイスの国境近くでスイス側のルガーノという地域。アロンソは2018年にF1レース界から身を引いたが、昨年の夏にF1チームのアルピーヌと契約し、今年からF1へ復帰する予定だった。その矢先にこの事故となった。

なお同チームはアロンソと契約した後も現在までサブドライバー(エースじゃないドライバー)を発表していない。今回のアロンソの事故でそのへんの事情にも影響が出るかもしれない。また3月には新マシンのアルピーヌA521というF1マシンが発表される予定である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください