ル・サミンでのマチュー・ファン・デル・プールのハンドルバー

いつCanyonの改良版ハンドルとシートポストが登場するのか、その予定が明らかに。

Cayon(キャニオン)の現行2021モデルのAeroadに関するハンドルとシートポストの不具合につき、その改良版が登場する予定の目処がたったようだ。

補強されたハンドルは7月

少し前のレース、ル・サミン(Le Samyn)で世界に衝撃を与えたのが、マチュー・ファン・デル・プールが使っていたCanyonの最新Aeroadが装備する特殊なハンドルがぶっ壊れたこと。これはそのとき記事にした。

そのハンドル崩壊の原因は、特殊なハンドルゆえに、シマノのSTIを固定するためにシマノが推奨するシマノ純正クランプではなく、Canyon独自のクランプを使ったことだと考えられている。

そしてCanyon側もこれを設計当初からの構造的欠陥(?)と認めたのか、その特殊ハンドルを使わないよう注意を発した。

シートポスト改は秋

またCanyonのバイクにはもう1つの問題点があった。それは同じく最新のAeroadのシートポストの不具合だ。

ハンドルと同じくこのシートポストも軽量化のためか特殊な構造になっているが、その構造が仇となったのか、特に身長がかなり高い、または体重が重いユーザーから、シートポストがダメになりやすいというクレームが世界であがっていた。

この点についてもCanyonは改良を進めており、どうやら秋に改良版シートポストが出るようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください