サガンは残留か。噂をBora-hansgroheもDeceuninck-QuickStepも否定

ここ数日メディアを賑わせているのが、プロトンのスーパースター、ピーター・サガンの移籍の噂だ。フランス紙がDeceuninck-QuickStepに移籍するのではという実にもっともらしい憶測を書くと、みんながそれに飛びつき、いろんなところで話のネタになっている。

だがしかし、Bora-hansgroheの地元ドイツメディアのDPA Cyclingに対し、チームを率いるラルフ・デンクはサガンを手放すつもりはないと述べた。次の情報源記事を見てほしい。

情報源:Bora-Teamchef dementiert Berichte über Trennung von Sagan

この情報源記事で、ラルフ・デンクは次のように述べる。

Peter gehört zur DNA unseres Teams und er fühlt sich bei uns sehr wohl. Sein Vertrag läuft aus und wir verhandeln über eine Verlängerung

訳「サガンはチームのDNAであり、本人もチームに居心地の良さを感じている。契約は今年までだが、その延長を今交渉している」

これが本当ならば、チームとしてはサガンを手放すつもりはなく、サガンの移籍の噂にブレーキをかけることになる。

また移籍先として噂されるDeceuninck-QuickStepのボス、パトリック・ルフェーブルもTwitter上でその噂を否定している。次の彼のツイートを見てほしい。

訳「おいおい、すばらしいロンド・ファン・フランデレンだったけど、それよりもメディアはピーター・サガンについてでたらめな嘘を言うほうが好きなのかよ、びっくりやわ。ごめんやけど、もうそっちで勝手にやっといてくれ、でまかせにワシを巻き込むな」

ルフェーブルはこのように述べて、サガンの移籍を否定している。

もちろん多額のお金が動く大人の世界なので、全員が本当のことを言っているとも限らないわけだが、額面通りに受け取るならばサガンの移籍はなさそうである。

ただ、Bora-hansgrohe側が手放さそうとしなくても、交渉がうまくいかないこともあるだろうし、サガン本人がどう考えているかはまだ明確にはわからない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください