トルコのカッパドキアと気球

ファビオ・ヤコブセンの復帰戦ツアー・オブ・ターキーの第1ステージが中止となる

この日曜日から開催されるツアー・オブ・ターキーだが、さっそくその初日のステージがキャンセルとなった。原因はコロナではなく、山岳での積雪だ。この大会公式Twitterの画像を見て欲しい。

実は同大会の初日はしょっぱなから山岳ステージである。舞台はNevşehirからÜrgüpの山岳。167.3kmのコースだが、標高1200の地点から1400mまでの200m分の高さを5回登るという設定になっているのだ。

そしてまさにその山岳地帯が上の画像のような有様。春らしくない冬のような天候になってしまった。この積雪のせいで主催者側は、ステージのキャンセルを決断を余儀なくされた。

各チームは第2ステージに向けて移動する予定だが、その第2ステージも標高1000mからスタートし、標高1480mまで登る山岳ステージである。そのためこのまま天候が悪化し続ければ、第2ステージも中止となる可能性がある。

今年のツアー・オブ・ターキーには3つのワールドツアーチームが参戦する。イスラエル、アスタナ、そしてDeceuninck-QuickStepだ。

このうちDeceuninck-QuickStepについては、あのファビオ・ヤコブセンの復帰戦となっている。先日書いた記事をまた読んでもらいたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください