アラフィリップは五輪なし。カヴェンディッシュはツールなし

今年、ツアー・オブ・ターキーで感動的かつ劇的な復活を遂げたスプリンターレジェンド、マーク・カヴェンディッシュ。チームメイトのファビオ・ヤコブセンの復帰とあわせて、彼ら自身もファンもみんなが嬉しくになる復活だった。

一方、Deceuninck-QuickStepからは今年限りでエーススプリンターのサム・ベネット(Sam Bennett)が移籍するのが確実とみられている。ロードレースでは、移籍する選手はあまりグランツールで重用されないと噂されるのだが、もしそうであるならば、サム・ベネットがツール・ド・フランスのメンバーから外れ、カヴェンディッシュがスプリンターとして出場する可能性があるのではと囁かれてきた。

しかし、チームのボスのパトリック・ルフェーブル(Patrick Lefevere)はその可能性を否定した。

情報源:Lefevere, l’estro di Julian e l’ego di Remco. Parla il capo

ルフェーブル曰く、「まだ全盛期の力に戻ろうとする過程のカヴェンディッシュには、ツール・ド・フランスは厳しすぎるだろう」とのこと。

Mark Cavendishは今年はこれまでいくつかレースを走っているが、コロナでキャンセルとなったレースもあり、まだまだレースの数が足りていないという認識のようだ。肉体的にまだ3週間のレースに耐えられる状態には仕上がっていないという判断だろう。

したがって、この発言からすればツール・ド・フランスにはカヴェンディッシュの出場はなく、エーススプリンターはやはりサム・ベネットとなろう。

またルフェーブルは次のようにも述べる。

「サム・ベネットの勝利が、ジュリアン・アラフィリップにも良い影響をもたらすわけよ。なんでかというと、アラフィリップにかかる勝利へのプレッシャーが軽減されるからね。結果、アラフィリップも自由に動けるようになる」

「サム・ベネットはBora-hansgroheへ行くと言われてるけど、まだそれは確定してないよ」

「来年からのチームのエースすプリンターはファビオ・ヤコブセン」

なお、アラフィリップはツール・ド・フランス後の東京五輪には出場しない。なぜなら、その頃第一子が生まれ、パパになる予定だからだ。五輪には出場せず奥さんのそばにいることを最優先とする。

Amazon

2 thoughts on “アラフィリップは五輪なし。カヴェンディッシュはツールなし

  1. なんかルフェーブルさんのカヴに関する発言がちょっと意味深…
    発言的に来年もカヴをチームに残すっていう感じに聞こえる。(給料が安いから+十分戦力として使えるという点から)
    今年は低難易度のレースで慣れて来年あたりにジロとかに連れていくっていう可能性を勝手に推測してます。
    とりあえず今月5日と6日のレースに期待です(Procyclingstats情報)

    1. なるほど、たしかにそう感じられるブヒね。
      ひょっとしたら来年のツールはファビオ・ヤコブセンをエーススプリンターに、そしてアシストとしてカヴを・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください