なぜトム・デュムランはレース休止に至ったのか?その原因・理由を本人が告白

今年はじめの突然のレース休止宣言から約5ヶ月ぶりのレース復帰となったデュムラン(大)ことトム・デュムラン(Tom Dumoulin)。ちなみにデュムラン(小)はB&B Hotels-Vital Conceptのサミュエル・デュムラン(Samuel Dumoulin)だ。

トム・デュムランは昨日6/6から始まっているツール・ド・スイスでレースに復帰したわけだが、そのレース休止宣言の原因となった心理的な問題についてベルギー紙Het Nieuwsbladのインタビューに答えている

情報源:Tom Dumoulin: The problem of the last three years was that I lost the pleasure in my job

休止の原因:自分を見失ったデュムラン(大)

復帰戦となるツール・ド・スイスは第1ステージと第7ステージの個人TTに照準を合わせる方針で、総合を狙うことは考えていないと明らかにしたあと、ここ3年間苦しんできた「心の問題」を告白している。

“The problem of the last three years was that I lost the pleasure in my job and the race,

訳「ここ3年の問題だったのは、自転車選手という仕事とレースとに喜びを感じられていなかったことやね」

そして自分は一体何がしたくて何をしたくないのかもわからなくなってたと言う。でも、レースから離れてみることで、選手としての自分がどういう人間なのか再び気づいたらしい。いわば自分を取り戻したということか?

五輪は?今後のレース予定

これまでの既報の通り、デュムラン(大)は今年のツール・ド・フランスには出場しない。かわりに東京五輪の個人TTに向けて、高地トレーニングに励むもよう。ツール・ド・スイスとオランダ選手権の2レースだけが五輪に向けた実戦演習となる予定。

そして五輪後はどうなるか自分でもまだわからないと述べる。グランツールを狙うような総合系選手に戻るのか、他の目標を作るのか、はたまた引退のか・・・それもまだ未定とのこと。

ちょうど女子テニス選手の大坂ナオミが鬱病を告白してフランスオープンから撤退したことがニュースになったばかり。また、彼らのような超一流アスリートだけでなく、普通のアスリートもいろいろ精神的に悩むこともある。そういう点について尋ねられたデュムラン(大)は次のように答えている。

“I have no advice for others. Each person can figure that out for himself. During the training camp in Livigno, I certainly found the love of cycling again.

訳「他の人にためになるようなアドバイスは何もないのよ。みんな自分自身で自分を取り戻せるからね。ワシもちょっと前にLivignoでトレーニングキャンプしてたときに、はっきりと自転車が好きなんだと再び気づいたわけ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください