ついにFaveroからシマノ対応「Assioma Duo-Shi」が登場。パワーメーター内蔵ペダルスピンドル

これまで何度か記事にしてきたが、ついにFavero Electronics社が、シマノのSPD-SL互換のパワーメーター統合型ペダルスピンドル(軸)「Assioma Duo-Shi」を発表した。次の同社インスタを見て欲しい。

Favero Electronics公式ページAssioma DUO-Shi: All you Need to Know

対応するシマノのペダル

Assioma DUO-Shiに使われているパワーメーター技術は既存のAssioma Lookと同じ正確性を誇る。対応するシマノのペダルは、Shimano® PD-R8000、PD-R7000、PD-6800、PD-R550、そしてPD-R540の5種類。

Assioma DUO-ShiはQファクターが最大65mm!

Assioma DUO-ShiがAssioma Lookと決定的に異なるのがそのQファクターだ。Assioma Lookでは54mmだったのが、Assioma Duo-ShiではPD-R7000、R550、そしてR540と組み合わせる場合は64mmに、そしてPD-R8000または6800と組み合わせた場合は65mmにまで拡張される。

開発当初はQファクターを広げることに同社としても懸念があったようだが、実際には何の問題もなくテストした人間からの評価も上々。やはり人それぞれの体格や好みに合わせられる調整幅が増えたことは好評だったようだ。

Assioma LookとAssioma Duo-Shiとの互換性

今使っているAssioma LookをAssioma Duo-Shiへ変えることはできない。開発・生産時における調整などが両者で全く異なるからだ。Assioma Duo-Shiはシマノのペダルに合わせて使うために最適化され調整されて出荷される。そのためシマノの対応ペダル以外で使うとパワーメーターのデータがめちゃくちゃになる。

また軸内のオイルリテイナー(油止めリング)が異なるという理由もある。

このように構造などに違いはあるものの、パワーメーターの精度などの技術面は同じ。

重量

対応する上記のペダルに合わせて使った場合の合計重量(片足側だけ)は次のとおり。

  • PD-R8000→157.0g
  • PD-R7000→161.3g
  • PD-6800→161.3g
  • PD-R550→176.0g
  • PD-R540→186.0 g

価格

€495(約6万3800円)

Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください