ウェアの防水性能を回復させるスプレー、Endura「APPAREL RE-PROOFER – CLEAR」登場。人体に有害なPFCを使わず、DWR加工の性能を維持・回復

ワールドツアーチームにもウェアを提供しているスコットランド発祥のウェアブランドのエンデューラ(Endura)。

そんな同ブランドから、レインジャケットなど防水ウェアの防水性能を維持・回復させるための防水スプレーの新製品が登場した。同社公式インスタを見て欲しい。

新しい防水スプレーは「APPAREL CLEANER AND RE-PROOFER」と「APPAREL RE-PROOFER – CLEAR」の2種類。

公式サイト:APPAREL CLEANER AND RE-PROOFERAPPAREL RE-PROOFER

どちらも価格は£9.99(約1500円)。

この製品の何が新しいのかといえば、それはPFCが使われていないこと。

PFCは昨今の最速を求めるロードバイクのチェーンに特殊なコーティングするために使われていたり、防水・防油のために様々な製品に使われている。

性能は素晴らしいのだが、1つ欠点がある。それは生物にとって有害であることだ。甲状腺疾患の危険性もあるようだ。

ウェアという身につけるものにそういった物質が使われるのは好ましくない。そこでエンデューラは今回PFCを使わない、PFCフリーの防水スプレーを開発したというわけだ。

近年のロードバイク用ハイテク防水ウェアにはその生地にDWR処理がなされているが、何度もそのウェアを使っていると性能がどんどん低下してくる。このスプレーはその性能を補うべく、吹きかけることでDWRコーティングをウェアに施すものだ。興味あればどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください