Deceuninck-QuickStepがフロリアン・セネシャルと契約延長

Deceuninck-QuickStepのスプリンタートレインを担う1人、フロリアン・セネシャル(Florian Senechal-Staelens)が、チームとの契約を延長したと発表された。チームツイッターを見て欲しい。

セネシャルといえば、過日に終幕したブエルタ・エスパーニャでステージ優勝を挙げたことが記憶に新しい。その第13ステージで本来なら発射されるべきエーススプリンターのファビオ・ヤコブセンが、脚に限界を迎えゴール前残り2kmで失速。

チームはゴール直前でエースを失う緊急事態となったが、トレインを組んでいたセネシャルがヤコブセンの代わりにスプリント勝利を挙げたのだった。

今年はE3でも2位という好成績を収めている。

その28歳のフランス人は、チームとの契約を2年延長して2023年まで同チームで走ることになる。もちろん来年もファビオ・ヤコブセン、そしてマーク・カヴェンディッシュのアシストとして活躍が期待される。

一方で、E3のようにベルギー系のワンデイレースでも上位に食い込める力はあるので、春のクラシックレースでの好走の楽しみな選手だ。伏兵として飛び出せば十分に勝利を狙える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください