ベルナルがイスラエルへ移籍??

海外メディアが2022年にエガン・ベルナルが、チームイスラエルことISRAEL START-UP NATIONに移籍して、フルームの代わりにエースとなるのではないかとの記事を書いている。

もちろん特別な客観的な根拠があるわけでもなく、ただの憶測記事(妄想記事)だが。

イネオスがベルナルを手放すとは全く考えられないし、そもそも2023年までイネオスとの契約が残っている。

それに仮にイスラエルへ移籍するとしても、ベルナルのツール優勝を確実なものにするだけのアシストが必要だ。現状のイスラエルのメンバーだとそれには全く不足しているので、大補強を行う必要がある。それこそイネオスのツールのメンバーのほとんどを引っ張ってくるぐらいのことが必要だろう。

そもそもこんな記事が報道されるようになったのは、どっかのメディアがベルナルがイネオスに不満を持っているとかなんとか報道したから。なお、ベルナル側の代理人はベルナルがチームに不満をもっていることをすぐに否定している。(参照:Egan Bernal’s agent denies he is unhappy at Ineos Grenadiers

たしかにベルナルの移籍は彼のためのアシスト補強も含めて市場が激アツになるわけで、そうなれば見てて楽しいのは間違いないが、だからといってねぇ・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください