カヴェンディッシュ!イギリスが世界選手権のメンバーを発表。

9月26日(日曜日)に開催されるUCI世界選手権ロードレース。その英国代表メンバーが発表された。同代表チームのツイッターを見て欲しい。

  • トム・ピドコック(INEOS Grenadiers)
  • マーク・カヴェンディッシュ(Deceuninck-QuickStep)
  • イーサン・ヘイター(INEOS Grenadiers)
  • ルーク・ロウ(INEOS Grenadiers)
  • ジェイク・スチュワート(GroupamaーFDJ)
  • ベン・スウィフト(INEOS Grenadiers)
  • コナー・スウィフト(Arkéa-Samsic)
  • フレッド・ライト(Bahrain Victorious)

おそらくエースはトム・ピドコックとなるだろうか。今年の世界選はフランドル地方で、石畳クラシックの定番の坂などが多数登場する。カペルミュールなどはないが。そういったコースなのでマーク・カヴェンディッシュにはコースが厳しい。

関連記事:カペルミュールなし!2021世界選のコースが明らかに

ただ22歳と若いイーサン・ヘイターの動きも要注目だ。今年はツアー・オブ・ノルウェーで総合優勝し、終わったばかりのツアー・オブ・ブリテンでも総合2位など好調だ。登りにも強く、スプリント力もあるため世界選のコースでも期待ができる。

今年の世界選のコースPVはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください