ロードバイクとロードレース

AG2Rがパリ~ルーベ出場選手を発表

いよいよ次の日曜日、10月3日は地獄の日曜日ことパリ~ルーベだ。ロードレース界が一番熱くなる一日と言っても過言ではない。選手も関係者も熱ければ、観客も熱い。

なにしろ新コロナのせいで昨年は春から秋へ日程変更となったものの、結局はその秋でも新コロナが理由で開催されなかった。

しかし今年は違う。日程こそ春から変更になったもののしっかりと開催される。

今年のコースについての概要はこちらの大会公式ツイッターを見て欲しい。

さて、そんな熱い地獄が迫る中、AG2Rが他チームに先駆けて出場選手を発表している。チームツイッターを見て欲しい。

  • Greg Van Avermaet
  • Oliver Naesen
  • Stan Dewulf
  • Gijs Van Hoecke
  • Lawrence Naesen
  • Michael Schär
  • Damien Touzé

やはりエースは、GVAことグレッグ・ファン・アーベルマートになるだろうか。今年はベルギーチーム代表には選ばれず世界選手権には出場できなかった。

その無念・悔しさをパリ~ルーべで晴らすことができるか?

そんな彼を支えるニ本柱といえるのが、オリバー・ナーセンと盟友ミヒャエル・シェアーか。ただ、アーベルマートの調子やレース展開次第ではナーセンがエースとなることも十分にあり得る。そういう点ではダブルエース体制と言えるだろうか。

なお、ミヒャエル・シェアーといえば今年は4/4のロンド・ファン・フランデレンでの失格処分をみんな覚えているだろう。次の動画を見て欲しい。失格処分の原因となったシーンだ。

そうボトル捨てが禁止されている区間でのボトル捨てだ。それまではロードレースといえばボトルがプロトンからポンポン空中に射出されるのが名物だったわけだが、4/1からボトルを捨てていい区間が限定されることになった。UCIのその新ルールがこのロンドでも適用されたわけだが、さっそくロンドでシェアーが犠牲(?)となった。

(‘A`)でもなんか最近はわりとみんなポンポン捨ててない?

2 thoughts on “AG2Rがパリ~ルーベ出場選手を発表

  1. パリ〜ルーベのためにGVAを獲得したと言っても過言ではないですから、気合いも入りますよね。
    久々にオリバー・ナーセンの勝利が見たいですが、どうでしょうか。

    今年はついに女子レースも開催されるので、楽しみです。

    1. 女子も男子も天気は雨になりそうで、もしそうなればともにかなりの地獄となりそうブヒね。
      特に女子は初めてだけに、いったい何が起こるやら。怖くも楽しみブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください