ロードレースの移籍情報

アスタナのアランブルがMovistarへ移籍

今年のブエルタ・スパーニャでもその序盤で目立っていた選手の一人、アスタナのバスク人アレックス・アランブル(Alex Aranburu)が、Movistarへ移籍することが発表された。Movistarのツイッターをどうぞ。

現在26歳のアランブルは年間を通じて安定的な走りを見せたと言える。

今年の目立った成績としては、春のオムループ(Omloop Het Nieuwsblad)で6位、モニュメントのミラノ~サンレモで7位、クリテリウム・ドーフィネでステージ2位、初出場となったツール・ド・フランスではステージ6位を2回、バスク一周ではステージ優勝1回、そしてブエルタ・エスパーニャでは初日の個人タイムトライアルでプリモシュ・ログリッチに続き2位。またスペインの国内選手権ロードレースでも3位という結果。

万能型のパンチャーとしてその実力を発揮できた一年だったと言える。

モビスターとの契約は3年。人生の1つの節目となる30歳頃にまた選手としての未来を考えるというのを予定しているのだろう。

なお次の記事でも書くのだが、Movistarはアランブルの他にも、アスタナからオスカル・ロドリゲスを、そしてチームDSMからマックス・カンターを獲得している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください