【重要】来年のパリ~ルーベはアムステル・ゴールド・レースと日程を交換へ。フランス大統領選挙の関係。

少し前に来年のパリ~ルーベの日程がコロナとは全く別の理由で変更になるだろうと書いたのを覚えているだろうか。次の記事がそれだ。

→過去記事「来年のパリ~ルーベも日程変更!コロナ以外の理由とは?アムステル・ゴールド・レースとの関係も難しいものに

その理由は、来年4月~5月に開催されるフランスの大統領選挙だ。フランスの法律(?)で、大統領選の投票日には、大きなスポーツイベントは開催してはいけないと決められている。そしてまさに来年のパリ~ルーベは大統領選の投票日(2022年4月10日)と同日なのだ。

パリ~ルーベの日程をずらすことの難しさは、上の過去記事「来年のパリ~ルーベも日程変更!コロナ以外の理由とは?アムステル・ゴールド・レースとの関係も難しいものに。」で説明しておいたのでまた見て欲しい。

その記事のタイトルの通り、大きなポイントはアムステル・ゴールド・レースとの関係だった。

そしてまさにこの点について、さきほどパリ~ルーベ主催者側から正式に発表があった。次の公式ツイッターを見て欲しい。

今回発表されたのは、来年度についてはパリ~ルーベとアムステル・ゴールド・レースの日程を交換することだ。

すなわち、4/10にアムステル・ゴールド・レースが、そして4/17にパリ~ルーベとなった。

なかなかミラクルな決定だ。

というのも、上の過去記事で書いたことだが、検討されていた可能性は以下の2つだった。

  • パリ~ルーベを4/16にする
  • パリ~ルーベを4/18にする

ただどちらにしろアムステル・ゴールド・レースが4/17なので連戦となる。これは両レースに出場する予定の選手にとってはどちらかを犠牲にする必要が出てくるため難しい。チームも両レースのメンバーを編成する難しさがある。

レースの主催者側、特にアムステル・ゴールド・レースの主催者側としてもスター選手に数多く参戦してほしい。

今回の決定は、そんな各方面の難しさを見事に解決するものといえる。このへんの柔軟さはやはり大規模レースに慣れている本場ヨーロッパの運営力(政治力?)の高さというべきか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください