Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

ワウト・プールスがバーレーン・ヴィクトリアスとの契約延長。また新しく3名が加入

バーレーン・ヴィクトリアスの新しい契約ニュース

Share your love

新城幸也の所属するバーレーン・ヴィクトリアスの新しい選手契約のニュースをまとめて。

この記事を書いている時点ではまだチームからの公式発表はないのだが、どうやらオランダ人クライマーのワウト・プールス(Wout Poels)が契約延長となったもよう。

今年のツール・ド・フランスでは山岳賞ジャージ獲得まであと一歩だったが、タデイ・ポガチャルに奪われたせつない結果となった。あのときの悲しそうな表情は今でも覚えている。年齢的にも34歳ということで、最後のチャンスだったかもしれないが、来年もチャンスがあればチャレンジしてもらいたいものだ。

次に新しく3名の選手のバーレーンへの移籍が発表された。

一人目はチームDSMで走っているヤシャ・ズッタリン(Jasha Sütterlin)。28歳のドイツ人でTTに強い選手だ。もちまえの牽引能力でもって、スプリンターのフィル・バウハウスのアシストとしての活躍が期待される。2年契約で、2023年まで。

二人目は来年から正式にプロ選手となる新人プロ(ネオプロ)のEdoardo Zambanini。20歳のイタリア人でスプリント力のあるクライマー?パンチャー?という感じの脚質だろうか。これまでは、コンチネンタルチームのZalf Euromobilに所属していた。こちらも2年契約。

三人目は今年までProTeamのCaja RuralーSeguros RGAで走っていたAlejandro Osorio。こちらも若く23歳のコロンビア人クライマーだ。NIPPOヴィーニファンティーニで走っていたこともある。上の二人と同じく2年契約。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6535

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!